【インタビュー】LUGNA kamakura Hair&Nail 代表 川村 弦也 様

 

LUGNA kamakura Hair&Nail 代表 川村 弦也 様

Q.お客様層について教えてください。
A.ご来店のお客様全体で20代が4割、30代が2割、40代が3割くらいで、ご来店頻度は生活リズムやヘアケアのメンテナンス意識などから40日から3ヶ月程度のご来店ペースです。

Q.マイクロバブル導入のきっかけは?
A.以前勤務していたサロンのお客様のひとりがターレス社の従業員で、マイクロバブルの素晴らしさをよくお話されていて関心があり、私の独立新規開店を機に導入を決めました。

Q.開店から1ヶ月でマイクロバブルをどれくらいの方にご利用いただきましたか?
A.30名様くらいで男性の方が多いです。抜け毛が気になる、ハリやコシの減少やボリュームの不足などの悩みをお持ちのお客様に頭皮ケアの大切さをご提案しご利用頂きました。また、ウィッグなどをお考えの方にはその高額さや通気性の悪さや汚れの溜まりやすさなど頭皮環境へのデメリットもご説明しております。

Q.マイクロバブルのリピート率はをどれくらいですか?
A.約70%です。施術は1回でも効果はありますが,大きく実感として効果を感じるには最低3回程度の施術が効果的と最初にご説明しております。体験のお客様からは抜け毛の量が劇的に減った、髪の毛の生え際からの立ち上がりが良くなったなどと言ったご感想を頂いております。

Q.マイクロバブル導入後のお店側の変化は?
A.「汚れはしっかり擦って洗い落とす」という従来の概念を真逆からの「擦らずに汚れを取り除く」という頭皮を痛めず洗浄する施術方法でお客様の納得⇨実感⇨リピートへとつなげる事ができ当店の最大の武器となっていると思います。

Q.カラーリングやパーマをした髪へのマイクロバブルの影響は?
A.特に色落ちやパーマの落ちなどはありませんでした。
逆にカラー薬剤の頭皮への残留アルカリを除去できるので、地肌トラブルの原因を減少できるのではと感じます。一方でマイクロバブル洗浄後にカラーリングなどをすると、頭皮がまっさらな状態になったところにカラー薬剤が浸透してしまい、かえって良くないので順番の注意は大切と思います。

Q.プロとして今後のマイクロバブルの活用法などについてご意見などありますか?
A.やはりスキンケアなどお顔周りへの重点を置くお客様が多いので、お顔の洗浄への活用展開にも期待したいですね。またお客様の頭を掛け流しているのに、使っている僕自身の手も気がついたら手荒れがなくなり、すべすべになっていました。